やまべ音楽&ギター教室byミュージックスクールネット
BBS7.COM
MENU RND NEXT

ミュージシャンの「イメージ」について考えてみました。。。

今回のブログは有名人の「イメージ」についてです。簡単に書いてみますので見ていってください。 さて、唐突ですが「さだまさし」のイメージは・・・人がいいおっさん。話が面白い人。明るい人。有名な人。昭和の歌の人。フォークソングの人。

 そんな感じですかね~まあ、全部当たっています。しかし、彼はミュージシャン。日本ではあまりにも有名になると肝心な所が風化していく傾向があります。「さだまさし」の有名な曲は沢山ありますよね。「関白宣言」「無縁坂」「道化師のソネット」「北の国から」など、20代30代の方はメロディを聞けば、「ああ!なんか聞いたことがある」ってなると思います。それだけ、日本人に馴染んだ歌を作ってきたわけです。 

さあここから肝心なところです!

 

「さだまさし」なぜ有名になったのでしょう・・・・それは、簡単にいうと新鮮だったからです。ミュージシャン「さだまさし」というフィルターで見るイメージは孤高な人、独特な歌声、人の心を震わすメロディライン、レベルが高い歌詞弾き語りの凄味・トガっている人・・・まさに唯一無二の存在だったのです! 

↑の言葉を見ると「いったいどんなうたをうたっていたいんだ~」ってなりませんか?

↓にさだまさしの「防人の詩」をアップしておきました。このライブの「さだまさし」は本当に恐ろしい演奏力です。多分、当時の日本のミュージシャンは「さだまさし」の出現は怖かっただろうな~今は人のいいおっさんってイメージですが、音楽に携わっている私としてのイメージは・・・・ 天才の中の天才そして孤高のシンガーソングライター・・・その名は「さだまさし」・・・・ふ~熱くなった~!

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    きょったまママ (火曜日, 28 6月 2011 09:08)

    なんか先生の話っていつもすごいと思います。いつかきょったまも先生の話についていけるようになれたらいいと思います。

  • #2

    山部です! (火曜日, 28 6月 2011 22:26)

    きょったまママさんコメントありがとうございます!
    お褒めの言葉、嬉しいです!
    結構、色々話していますよ!きょったまくんと!